Tag Archive : 労働者

日本の新しい労働ビザの政策はベトナム人労働者にチャンスをもたらします

日本の特定技能に対する新たなビザの政策によって、ベトナムはより多くの労働者を日本へ送り込み、より多くの稼ぎを得ることができるようになります。

この政策は4月1日に施行され、新たな2つのカテゴリーが加わり、介護や飲食業、建設業など14つの職種で最長5年の在留資格を得ることができます。

新たな法のもと、これらは「特定技能」に分類され、最長5年の在留資格が得られますが、家族を連れてくることはできません。もう1つのカテゴリーでは、より技術のある外国人のためのもので、親族を連れてくることができ、在留期間も長くなっています。

これは、数十年におよぶ日本の求人市場の人手不足を補うための日本の努力です。日本は最初の5年間で、345,500人の外国人肉体労働者を受け入れたいとしています。

2018年末までの日本の外国人技能実習生の数は328,000人で、そのうちベトナム人技能実習生は50%をしめ、中国(24%)や他のASEAN2国(9%のフィリピンと8%インドネシア)を圧倒しています。

技術のある労働者を惹き付ける日本の新たなビザ政策は、労働力を輸出している国、特にベトナムにとって良い機会を与えていると言われています。

昨年、ベトナムは68,000人以上の労働者をインターンとして日本へ送り、日本はベトナムにとって、ベトナム人労働者の最大の受け入れ国となりました。次いで台湾が受け入れており、その数は60,000人です。合計で142,860人のベトナム人労働者が140の国に送られ、世界中に地盤を作っています。

関連するものとして、7月1日にグエン・スアン・フック首相が日本を訪れ、労働傷病兵社会省のĐào Ngọc Dung大臣と日本の山下貴司法務大臣が特定技能労働プログラムの協力覚書(MoC)にサインをしました。

海外労働管理局のNguyễn Gia Liêm副局長は、MoCによって、日本はベトナム人労働者の中でも、ベトナムの法律に基づいた全ての条件をクリアし、認められた人のみを受け入れることになると話しました。

認められた労働者は、大臣から「特定技能」を持つ労働者であるという認定証を送られ、企業によって海外へ送られます。

ベトナムに住む高いスキルを持ったベトナム人には、このプログラムの資格を持つ2つのグループが存在します。ベトナム人のインターンか海外の学生で日本で受講を完了した人々です。

労働者の組織のベストな代表者でいることの価値

90年前、1929年7月28日にインドシナ共産党の指示のもと、ハノイのハンノンストリートにベトナム労働総連合(VGCL)の前身であるTong Cong Hoi Do Bac Kyが創立されました。それ以来、ベトナム人労働者は、彼らの要望を表現するための政治的組織を持つこととなりました。ベトナムの労働者階級は成熟し、国の労働者運動は政党のリーダーシップのもと行われました。

党とホーおじさん(ホーチミン)の訓練によるベトナム労働組合の90年間の発展により、ベトナム革命に多大な功績を残しました。ベトナム人労働者の世代は止めどなく訓練し、勤勉かつ創造的に働き、勇敢に戦い、ベトナムの社会主義者に打ち勝ってきました。国の労働構造の小さな部分を占めて、主にプランテーション、鉱山、小さな工場で働き、今では新たなことをする上での力強く先駆者的な力となり、国の発展に重要な貢献をしました。労働組合は労働者の正当な権利や興味を主張するだけではなく、労働者を集めて教育し、社会主義へのアイディアや国の財産のための努力をさせます。

過去90年の旅の困難や多大な功績を振り返ってみると、ベトナム労働組合と労働者階級の素晴らしい伝統について誇らしくもなります。これらは、情熱的な愛国心、党のアイディア絶対忠誠心、結束と相愛、困難に打ち勝つための絶え間ない努力によるものです。これらの価値のある伝統は労働組合の職員やそのメンバーによって作られました。私たちは、ベトナムの党と人々の天才的なリーダーで、ベトナム革命と労働者階級の素晴らしい先生であるホーチミン首相に無限の感謝を表します。彼はベトナム労働組合を率いた党に参加し、価値のある個人になるように労働組合の職員を訓練しました。更に、党と国の計らいで、省、部門、大規模な連合、社会経済組織、知識人、科学者と労働組合当局からの効果的促進と協力と、組合員の断固とし情け容赦のない努力により、ベトナム労働組合は業績に重要な貢献をしました。

今日、甚大かつ急速な変化の中で、特に広大な国際的な統合過程の影響で、第4次産業革命は生産、生活、雇用に重要な影響を与えています。多くの国が国際的な生産ネットワークやバリューチェーンに参加していて、優秀な人材を得るための競争は激化しています。ベトナムは新世代の自由貿易協定に参加していて、労働組合の組織や運営は国際的な基準の近づいてきています。それによって、労働組合の組合員や労働者の要件は高まっており、任意となっている労働組合への参加は明らかに増え、選択肢も増えています。新たな労働組合を組織するための要件、ベトナム労働組合にガイドライン、党と国のメカニズムや政策を最大限に活用することとしながら、前述の実情が、労働組合の活動へ機会と強みをもたらしています。2008年1月28日に行われた党中央委員会第6回総会で採用されたNo. 20-NQ/TW、主要なガイドラインと国の発展のためのスタンスを明記し、政治システムの確立と強いベトナムの労働者階級と労働組合について記載された12回総会で採用された決議は、新たな時代のベトナム労働組合の運用における方位磁針となり、労働組合が労働者の代表の組織として最善の手段であることを確かなものであるという新たな力になりました。

国からの立派な賞であるホーチミン勲章を受け、労働組合組織は労働者階級の確立のためのミッションを再確認し、新たな時代における国の発展のきっかけに気づく必要があります。新たな時、機会、挑戦は、多様性に焦点を当て、組合員の利益になるような活動をするために労働組合を必要とし、社会保障の権利を明確にするためにも社会運用メカニズムを再形成します。更に、労働組合は労働者の正当な権利と興味を守るために、代表者の能力を向上させるべきであり、組織モデルと運用内容や手段を刷新し続け、発展途中の労働組合員の仕事に目を向けるべきなのです。

ベトナムの労働者階級と労働組合には、数多くの困難や挑戦が待ち受けているでしょうが、ベトナムの労働組合は党と国によって引き起こされる革命により貢献し続けていくでしょう。また、党の信頼できる支援者であるための努力をし、団結、創造性、訓練、強さを確立することに貢献し、貧しさや立ち遅れを減らして強いベトナムを作り上げるでしょう。